2009年度審査結果

藤原ナチュラルヒストリー財団フォトコンテスト


 今回から当財団で始めましたナチュラルヒストリー・フォトコンテストには全部で30作品の応募がありました。コンテストの告知期間が短かったこともあり、応募総数は予想より少数でありましたが、応募作品は高水準ですばらしい作品が多く集まりました。

 審査委員会で厳選な審査を行った結果、以下のように最優秀賞1点、優秀賞2点が選ばれました(敬称略)。


最優秀賞

過密社会(池浩)



優秀賞

いい湯だね。そうだね。(細将貴)


 黄昏の護衛:グンタイアリEciton quadriglumeの女王の移住(小松貴)



 最優秀賞の「過密社会」は蛾の幼虫が葉にならんでいる写真です。ナチュラルヒストリー・フォトでしばしば取り上げられるテーマではありますが、対象の選択や構図、被写体を浮き上がらせる撮影テクニックなどでインパクトのある作品になっています。優秀賞の「いい湯だね。そうだね。」はカエルが水鉢(?)の中で交尾している写真ですが、お風呂に入っていると見立てたユーモラスな作品です。優秀賞のもう1点の「黄昏の護衛」はグンタイアリの行軍をとらえたもので、撮影機会の難易度が高い作品です。


(第一回藤原ナチュラルヒストリー財団フォトコンテスト審査委員長 伊藤元己)